大阪【心斎橋・南船場・本町】のメンズ美容室レ・オム

メンズヘアスタイルの知識

男性の40代からの髪型はどうしたらいいのか?

男性の40代からの髪型はどうしたらいいのか?

40代になり、落ち着いてくると

「若い頃は、整髪料を付けたりしたが最近は全く付けなくなった」「整髪料を付けるのがめんどくさくなった」と、髪型に無頓着になってくる人が増えてきます。

確かに「髪が少なくなったり」「白髪が出だしたり」「思うようにセットできない」「時間がない」など色々理由はあると思います。けれど、ちょっと待ってください。

「大人には大人のお洒落」があります。大人になった今だからこそ出来る服装やスタイルがあります。ここで一度「大人のお洒落」について一緒に考えてみませんか?

今回は「大人の髪型」という視点で説明していきます。また、40代になると気になってくる「白髪についてのQ&A」や「薄毛のカバーの仕方」についても解説します。

年齢が上がるとショートスタイルが基本

年齢が上がると髪のトラブルが色々と出始めます。サロンでもお客様から聞く髪の悩みの多くが「髪のボリューム」「髪のツヤ」に関することです。

この2点を「カット」で解決する方法はずばり「ショートスタイル」です。その理由は、どうしても髪が長くなると「髪の長さによる重みでボリュームがつぶれてしまう」「髪を長くすることで髪が面として表面に出るのでツヤのなさが目立ちやすい」という点が問題になります。

この点を「カット」以外の方法で解決するには、髪のボリュームなら「パーマでトップのボリュームをコントロールする」。髪のツヤなら「ヘアカラーで髪の色をキレイにする」「トリートメントで質感をよく見せる」などがあります。

ただ「パーマやヘアカラー」で髪を傷ませたくない。「あまり施術時間が長いのは嫌だ」という方が「カット」で対応するとすれば「ショートスタイル」を選択するのが正解です。

短い髪はメリハリが大事!!

短い髪型にする場合「どこを短くし」「どこの長さを残す」のかが重要になってきます。

トップがボリュームが出ているように見せるためには、「横・後ろは短く刈上げる」事により、横のボリュームがなくなり、目線を上にもっていけます。目線が上に上がれば、トップにボリュームが出ているように感じます。

40代の弾性の髪型1

スタイルの名前を簡単に言うと「ソフトモヒカン」や最近では「大人ボウズ」と言われるスタイルです。このように横を短くする事によって目線が上にいき、縦長の印象になります。

刈り上げに抵抗がある人も、思いきってカットしてみるのもおススメです。もし、刈上げがどうしても嫌なら担当のスタイリストに「刈上げないぐらいで横は短めに」と相談すれば対応してくれます。

セットが楽で簡単なのはこの「ベリーショート」ですが、最近はクラシックな髪型が人気なのもあり「7:3」や「8:2」のツーブロックで横をすっきり短くし、グリースやジェルでセットすることで「ボリュームのアップ」と「ツヤ出し」の効果を狙う手法も良いと思います。

40代の弾性の髪型2

サロンで質問される白髪のQ&A

年齢が上がると目立ち始める白髪。1本出たと思うと急激に増えたりします。しかも髪質が違うのかピンとはねたりして目立ちます。サロンでお客様からいただく「白髪についての質問」で多いのがこちらです。

髪の生え始める年齢は?

白髪の原因は一般的に老化による年齢的なものとされていますが、だからといって身体の機能までもが老化しているのではなく、若い人にも白髪は発生します。俗に言う「若白髪」というものなんですが、日本人の場合平均35歳前後が白髪の生え始める年齢と言われています。

白髪を染めると髪の毛の量は、減るの?

「白髪染めを続けると髪の毛が少なくなってしまうのでは、、、」と不安を抱いている人も居ると思います。染めた時染毛剤が頭皮に付いたりするとアルカリなどの影響で一時的にフケが多くなり、これが引き金で脱毛につながる事はありえます。しかし、白髪と薄毛の遺伝子を両方受け継いでない限り心配する必要はありません。このことから、染毛が原因での薄毛になる事は有り得ません。

白髪を抜くと余計に増える!?

「白髪を抜くと逆に増えてしまうから抜いては駄目」と、よく言われたり聞いたりしましたが、どうやら科学的根拠は全く無いようです。無理やり抜いたりすると、毛根にダメージを与えてしまい白髪自体が生えなくなったり、次生えてくる髪の毛が細くなったりする場合もあるそうです。

白髪が「ピン」とハネるのはなぜ!?

鏡を覗いた時によく白髪だけが「ピン」とハネているのに気づくことがあります。これは、白髪が黒い髪の毛よりも扁平な形の傾向が強いからです。

白髪が一番少ない所は?

「頭全体の中で一番白髪の出にくい少ない場所はどこか?」というと、あくまでも平均ですが男女とも後頭部辺りの方が頭頂部や側頭部に比べると少ないようです。

薄毛をカバーするヘアスタイルについて

40代の弾性の髪型

「前髪が薄くなってきてたー・・・」「前髪が分かれてしまう」「おでこが透ける」「どう薄毛をカバーしたら良いのかな・・・」

そういう場合は前髪を短くしてください。すると「変に分かれる」「前髪に透け感が出る」のをカバーでき、ナチュラルに見えます。

40代の弾性の髪型4

より詳しく知りたい方は

の三つををご覧ください

 

まとめ

自分が髪型を決めたりイメージチェンジをする時、10代~20代の多くは雑誌等を参考に注文する事が多いと思います。40代~の世代になってくるとサロンの人に相談したり、「前と同じで」という人が多いはずです。相談と言っても具体的な「ここの長さは短く。ここの長さは長く」ではなく「短めに」と大まかな注文です。また、スタイリストによっては髪型についての提案がないこともあります。

しかし、

「ほんの少しの変わりたいと思う気持ちと、ほんの少しの挑戦と、ほんの少しの意識の違い」で

友達、同僚、奥様、子供様に「カッコ良い」と言われる素敵な大人になれるはずです。次回の「カット」の時はぜひ担当のスタイリストに相談して見てください。

お問い合わせ・ご予約 はこちらをタップ
06-4704-0030