大阪【心斎橋・南船場・本町】のメンズ美容室レ・オム

メンズヘアスタイルの知識

家でヘアサロンのセットを再現する【男性編】

家でヘアサロンのセットを再現する【男性編】

朝時間がない。セットが上手く出来ない。WAXをどう付けたら良いの?セットが苦手な方に失敗しにくい方法を教えます!

秘訣はドライヤーにあり!

皆さんはドライヤーを使ってますか?

美容室ではスタイリストがササッと簡単にセットしているように見えます。なのに次の日にセットを自分ですると何か違う・・・。この違いは?

美容師と一般の方のセットに差が出る一番の違いは下準備。もっと簡単に言うとドライヤーの使い方にあります。

実際に、普段のサロンワークでも「ドライヤー使ったことない」「風呂上りに乾かすぐらい」というお客様の話をよく聞きます。男性の場合は髪が短い事も多いので、「放っておいてもすぐ乾く」「めんどくさい」。わかります。しかし、かっこよくセットをするという点ではかなりのマイナスです。

プロはセットの前のブローを大切にする

皆さんは「整髪料でセットしよう」と思っていませんか?

実は、いくらセットが得意なスタイリストでも寝癖やクセがそのままの状態ではセットに時間がかかります。もしかしたら思うようにセットできないかもしれません。

プロはヘアワックスでセットする場合はドライヤーでほとんどの形を作ってしまい、ヘアワックスは「毛の流れや動き・束感の強調」「ボリュームのアップ・ダウンなど髪の表情をや形の補正」をするために使っています。

プロは「整髪科でセットする」ではなく「ドライヤーで作った形の上にワックスを乗せている」のです。なので「下準備がある」からこそスタイリストが美容室で簡単にスッと手早くセットできているのです。

美容室・理容室などでセットされた髪と家でのセットのギャップが大きい方は、セットの前の下準備【ブロー】が出来ていない場合が多いです。ドライヤーを使ったブローでサロンの仕上がりをぜひ手に入れてください。

まずはウィッグを用意

ほぼ自然な状態で乾燥したウィッグはこんな状態。

DSC01801

このウィッグにドライヤーでメリハリをつけていきたいと思います。

今の髪型はひし形のシルエットが多い

人により違いがある髪型・顔型・髪質。最近のヘアカタログで一番多い髪型のシルエットは何だと思いますか?

それはひし形です。この1.2年はスクエアなシルエットも増えてきましたが、やはり一番人気は小顔に見せる効果を持った「ひし形のシルエット」。

基本的にはトップに高さを出し、サイドに動きやボリュームを出すシルエットですが、男性の場合は髪が短く、骨格や生え癖でサイドはボリュームが出すぎる場合も多いので、サイドもタイト気味にすることで男性的な縦長のひし形にすることが多いです。

また、「ひし形のシルエット」も外側と内側があります。正面から見たときに髪型のトップとサイド・あごラインを結ぶ「外側のひし形」とおでこ・サイドの輪郭・あごラインの「内側のひし形」の2つのひし形シルエットをコントロールして髪型のシルエットを決めるのがポイントになります。

では、その「外側のひし形」「内側のひし形」のシルエットを目指しドライヤーで乾かしていきます。

実際にウィッグを使ってブローしてみる。

先ほどのウィッグをもう一度濡らして、しっかりとタオルドライ。まず全体を毛の流れに逆らわずに風を当て乾かします。根元を中心に温風で乾かしていきます。

次にひし形にするためにはトップにボリュームが欲しいので、髪の毛を持ち上げ根元に「温風を2秒当て持ち上げて3秒冷まし」ます。濡れた髪は一時的にケラチンの結合が離れている状態。温風から冷風に切り替えることでケラチンが結合して髪の形を固定できます。

DSC01977
DSC01842

横も同様に上から乾かしても納まりが良くならない方は、横を手で押さえて「温風を2秒当て3秒冷まし」ます。

DSC01814

ドライヤーの温風と冷風を使うことでトップにボリュームを出して、横のボリュームは抑え、目指しているひし形シルエットに近づけました。

DSC01865

仕上げにヘアワックスで動き!

今回の整髪料はWAX。

ドライヤーで乾かした後にWAXまたはグリース、ジェル等でセットします。またWAXの種類については後日詳しく記載いたします。セットの仕方はまず、WAXを小指の第一関節ぐらい(10円玉)の量を取ります

DSC01881

手のひら全体に広げます

DSC01889

後頭部

DSC01893

上(トップ)

DSC01897

横と付けていきます

DSC01901

最後に前髪をつけます。

DSC01908

完成です。

DSC01959

最初に付ける所が一番WAXが付くので、セットが失敗しない後頭部から付けます。前髪から付けるとワックスでベタッとした質感になったり、束感が出すぎたりすることも多いので失敗する可能性が大。なので後頭部からつけるほうが失敗しにくいです。また横がどおしても納まらない方は、横から付ける方法もあります。

男も外見は重要!!

毎朝たった5分で、セットせずに出かけるより数倍は雰囲気が良く見えます。人は見た目が9割というという本が出るくらい近年は男性でも外見を意識しなければならない状態です。なにより髪形がきまると自分自身のモチベーションも上がります。ドライヤーの使い方・整髪料のつけ方をマスターして毎日を楽しく過ごしましょう。