大阪【心斎橋・南船場・本町】のメンズ美容室レ・オム

メンズスキンケア

メンズスキンケア基礎知識:ヒゲソリ

メンズスキンケア基礎知識:ヒゲソリ

男性なら毎日ヒゲを剃らないといけない人も多いはずです。丁寧に剃っても赤くなってしまったり、血が出てしまったり、剃ったのに青くなったり、デザインの作り方など・・・。色々お悩みがあると思います。今回はそんなお悩みを解決していきたいと思います!

ヒゲ剃りの正しい手順とは?

どこからヒゲを剃るか迷いませんか?まずはヒゲを軟化させてからヒゲの多いところや、ヒゲの堅い所から剃る事が大事です。

多い所や堅い所が剃り終わった後にほほなどの柔らかい所のヒゲを剃ると剃りやすいですよ!ここで家でも床屋さんと同じようにできるシェービングのやり方をご紹介します。

1.シェービングの前の下準備

男性の皆様は感覚的にわかると思いますが、肌が乾いた状態でヒゲを剃ると、ものすごく痛いです。
乾いた肌の状態でのヒゲは非常に硬いので、肌・カミソリの刃の両方に非常に負担になります。

ということで、まずはシェービングの下準備はヒゲを柔らかくすることから。まず肌を水やぬるま湯で濡らします。
面倒かもしれませんが、さらに「蒸しタオル」を90秒程あててヒゲを柔らかくできればさらにgood。

「蒸しタオル」は、濡らしたタオルを電子レンジで60秒前後チンするだけで簡単にできるので、ぜひお試しください。(火傷にご注意ください)

そして、シェービング剤をつけましょう。シェービング剤は市販のものでOKです!好みに合わせてフォームやジェルを選んでみてください。
シェービング剤はヒゲをさらに柔らかくして、肌への摩擦を軽減するのでオススメです。

2.シェービングしてみよう!

まずはヒゲの生えた向きに沿って剃る「順ぞり」から。次にしっかり剃りたい部位はヒゲの向きと逆方向から入れる「逆ぞり」をします。「逆ぞり」の時に出来ればヒゲの向きに対して真逆でカミソリを入れるのではなく、斜め45度くらいでカミソリを入れてあげると、肌への負担も少なくヒゲソリ中の出血も減ると思います。

3.シェービングの仕上げは

化粧水と乳液をしっかりしてください。潤いを肌に閉じ込める事が大事です!(パックするとなお良いです)

家にあるもので簡単にできそうですね。ぜひ試してみてください♪

剃ると赤くなる

肌の弱い方は丁寧にシェービングをしても赤くなってしまう人もいるかもしれません。カミソリを当てることは知らないうちに肌に負担を与えています。電気シェーバーで負担を軽減させたり、きちんとシェービング剤をつけるなど対策はきちんと行う事が大事です。また出来れば週に2回無理であれば週に1回肌を休めてあげる事も大事です!週に1回も無理な場合はカミソリで剃る日や電気シェーバーで剃る日など使い分けるのが理想ですね!

入浴のタイミングで剃るのはいいのか?

お風呂で顔を洗った時にそのまま剃るのはオススメです!湯気で湿度が高くなり、乾燥しにくく、肌も清潔な状態なのでとてもいいです!ただし保湿ケアはきちんとして下さい。化粧水で水分を補給してから蒸発しないように乳液で表面をコーティングしてあげてください。

ヒゲが濃くて青くなってしまう

表面から見えなくてもヒゲは奥に残っています。時間がたち表面に出てくる事で青く見えてしまいます。防ぐには!!皮膚の下に埋もれている毛も短くすることです。反対の手を添えて、皮膚をひっぱて下の毛を飛び出させる事が大事です!ただし、肌に負担がかかるので手加減して下さい。※ヒゲは起きてから3時間が最も伸びる時間帯だと言われています。それ以降に剃ると青くなりにくいですよ!

ヒゲとの付き合い方

男性は嫌でもヒゲと付き合っていかなければいけません。可能ならばデザインヒゲを楽しんでみたり、シェービングクリームや剃る手順を変えてみたり。もう一度自分のシェービングを見直してみてはいかがですか?

きっと毎日が快適になるヒントが見つかると思いますよ!