大阪【心斎橋・南船場・本町】のメンズ美容室レ・オム

メンズスキンケア

メンズスキンケア基礎知識:インナードライ肌

メンズスキンケア基礎知識:インナードライ肌

男性は、自分の肌質がオイリー肌だと感じていらっしゃる方が多いのですが、実際はオイリー肌ではなく、肌の内部の乾燥のせいで、体が自分の肌を守ろうと、油分をだしている場合があります。これを最近では「インナードライ肌」と言うのですが、今回はそんな「インナードライ肌」について説明いたします。

インナードライ肌とは

乾燥肌の症状と言えば、肌がかさついたり粉をふいたりするという印象が強いですが、実は皮脂でべたついていても乾燥肌の可能性があります。

これはインナードライ肌という肌質で、肌の内部が乾燥することで皮脂の分泌量が多くなり、表面的にはオイリー肌に見える状態です。
インナードライの場合、ついオイリー肌と勘違いしてさっぱり系のケアをしがちなので注意しましょう。

インナードライ肌は乾燥肌と同じスキンケアを

乾燥肌の正しい肌ケアの方法は、保湿力をしっかりサポートすることです。

肌には、セラミドや天然保湿因子、ヒアルロン酸などの保湿成分が備わっていて、これらの成分が水分を逃がさず保持することで潤いを保っています。

しかし乾燥肌になっているということは保湿成分の働きが低下している状態ですから、ただ潤いを補給しても一時的な効果しかありません。乾燥肌を改善するには、保湿力を高めなくてはいけないのですが、ケアをしたからといってすぐに保湿力はアップしません。

化粧水や美容液、乳液で低下している保湿力をサポートし、水分保持ができる肌へと回復させることが正しい肌ケアになります。

そのためには、まず化粧水や美容液で保湿成分をしっかり与えることが大事です。保湿成分は、セラミドやヒアルロン酸だけではなくグリセリンやプロテオグリカン、プラセンタ、カミツレエキスなどたくさんの種類があります。化粧水や美容液を購入する時は、保湿成分の種類や含有量をしっかりチェックして、たっぷり肌に栄養を与えられるようにしましょう。

ただ、いくら保湿成分を与えてもそれだけで保湿ができる訳ではありません。水分量が多い化粧水や美容液だと、時間とともに肌の水分を取り込みながら蒸発してしまうので、必ず乳液をつけましょう。乳液に含まれる油分は、肌に油膜をはって水分の蒸発を防ぐ効果があります。

乳液・クリームはすりこまない

また、付け方にもコツがあるので気をつけてください。男性はクリームなどを付けるとき、ただ顔中に伸ばしたり、すりこんだりすることが多いですが、こういった塗り方はNGです。伸ばす、すりこむという塗り方だと肌に摩擦を与えてしまい、ダメージの原因になります。乳液を指先にとったら、押し付けたり力を入れたりせず、肌の上を滑らすように馴染ませていきましょう。

皮脂の分泌量が多いと乳液は必要ないと思うかもしれませんが、インナードライの場合だと皮脂が分泌されていてもそれがバリア機能の役割を果たしていません。また、カサついている肌だと乳液の油分は不快ですが、肌の状態が改善されればベタつきも気にならなくなるので、しっかり保湿ケアを完了させましょう。