大阪【心斎橋・南船場・本町】のメンズ美容室レ・オム

メンズスキンケア

目の下のクマは種類ごとに原因と改善法は違います

目の下のクマは種類ごとに原因と改善法は違います

目の下にクマはできていませんか?クマができると「暗く見える」「更けて見える」「不健康そう」などマイナス要素がいっぱいです。

今回は、目元のクマのセルフケアを中心に、セルフケア以上の結果を求める方のために病院なら何科を受診するべきなのかをまとめてみました。

目元のクマの種類と原因

目元のクマには大きく分けると「青クマ」「茶クマ」「黒クマ(影クマ)」の3つのタイプに分類されます。

血行不良の青クマ

目元が青黒く見えます。その日によって出たり出なかったり、薄く見えたり濃く見えたりするクマです。睡眠不足や眼精疲労・ストレスなどによる血行不良などが原因のなります。

青クマの主な原因

  • 睡眠不足や眼精疲労
  • ストレス
  • 生まれつき皮膚が薄い
  • 低体温

青クマの改善方法

青クマは主に血行不良により引き起こされるので、目の周りの血行を良くすることで改善されます。

  • 目の周りのマッサージ
  • 目の周りを温める(めぐりズムなどのホットアイマスク)
  • 血液をサラサラにしてくれる食べ物を食べる
  • ビタミンKなどの血行促進作用のある成分が入った化粧品使う

青クマは比較的改善しやすいクマです。

色素沈着の茶クマ

目元が茶色くくすんで見えます。毎日同じようなクマが目元に出ます。
皮膚の色素沈着が原因で、日常の生活習慣などが茶クマをひきおこします。

茶クマの主な原因

  • 目をこする癖がある
  • 肌が乾燥することで痒くなり、かいてしまう
  • 焼けによるシミなど紫外線によるダメージ

茶クマの改善方法

生活習慣の見直しが必要です。物理的な刺激を与えないことで改善されます。

  • 目をこするクセをやめる
  • 肌の乾燥を防ぐため保湿ケアをする
  • 紫外線対策をする(UVケア)
  • 美白効果のあるビタミンC誘導体の入った化粧品を使う

茶クマは改善されにくいクマです。

 

加齢や遺伝の黒クマ

このクマは本来はクマではなく、加齢による目元のしわやたるみが原因で影となってしまいクマのように見えているものです。下まぶたを軽く押し下げてクマが消えれば、この影クマといえるでしょう。
加齢や肌の老化によるたるみやしわが原因となります。

黒クマの主な原因

  • 加齢や急激なダイエットによる目の下に出来る落ちくぼみ
  • 目の周りの筋肉のたるみ(目の下のたるみ)
  • 涙袋が膨らむことによりできる影

黒クマの改善方法

エイジングケアが重要になります。毎日のスキンケアで肌の老化を遅らせてまずはお肌のハリを保つことが大切です。

  • ヒアルロン酸やコラーゲンが配合された化粧品を使う
  • アーモンド・ピーナッツなどのビタミンEの摂取(老化防止)
  • 鶏肉や魚類の骨・皮と一緒にフルーツ類などのビタミンCを摂取(コラーゲン作りに有効)
  • マッサージやツボ指圧など(むくみの解消)
  • 塩分を取りすぎないようにする(むくみの解消)

目のクマに関してはこんな意見も・・・

ここまでは一般的な意見。基本的には「目のクマ」は大きく分けると3種類あり、その種類別で改善法も変わるという意見です。

一方で「血行不良」に着目して、すべての「クマは眼輪筋の動きの悪さ」にあるという意見もあります。

「目のクマ」の原因は「血行不良」や「目の周りの皮膚の薄さ」

「血行不良」の原因は「眼輪筋の動きの悪さ」

血液が筋肉内の毛細血管に鬱血=「青クマ」
赤血球が毛細血管から漏れ出して組織中で壊れるから打撲後のあざのような=「茶クマ」
皮下の色素沈着が進み、さらに濃く積もると=「黒クマ」

と変化していく。

クマの原因はすべて眼輪筋の筋肉の動きが悪いことによる血行不良なので→眼輪筋を鍛えれば「すべてのクマ」は治る!!

という結論になっています。

この意見も理論的で面白いと思います。

興味のある方は下記にリンクしましたので参考にどうぞ。

目のクマの本当の原因、その解消法

眼輪筋の筋トレ、ドライアイ解消法の動画

もし病院で治すなら何科がいいの?

「目の下のクマが気になる」「色々改善法を試したけど効果が無い」「すぐに治したい」という方には病院で「クマを治す」という手があります。

そうなると何科の病院に行けばいいのかわからない方も多いと思います。結論を先に書くと「美容皮膚科」が最適のようです。一般の皮膚科と違い、皮膚の病気を治すというより「きれいな肌にする」ということを目的とした病院です。「クマ」だけでなく「シミ」や「シワ」などの色々な肌のトラブルに対して対処してくれます。

ただひとつ問題が・・・。ほとんどの場合、費用が「保険適用外」です。お金に余裕がなければ結構な出費になる可能性があります。ただ、お金に余裕があり、できるだけ早く確実に結果を出したいという方は「美容皮膚科」も選択肢に入れてみてもいいかも?