大阪【心斎橋・南船場・本町】のメンズ美容室レ・オム

メンズスキンケア

「シミ」と「しわ」の種類・原因・改善法

「シミ」と「しわ」の種類・原因・改善法

年齢が進むと気になってくる「シミ」や「しわ」。今回は、その種類と原因について解説していきます。

シミの種類と原因

「しみ」と、ひとまとまりで考えられますが、大きく分けると4種類に分けられます。

肝斑(カンパン)
一般的にシミと言われる多くのものはこのシミです。ほほ骨のあたりにもやっと現れることがおおい。褐色のシミが左右対称に現れるのが特徴で目や口の周り額やほほに多く現れます。30~40台に多くあらわれます。肝斑もはっきりとした原因は不明で、女性ホルモンの変化、紫外線、ストレス、化粧品が原因とも言われています。
そばかす
そばかすの特徴は子供から大人まであらわれうることです。直径数ミリの小さなしみがほほや鼻の周りにあらわれることが多く、体にもあらわれます。メラノサイトという細胞そのものの変質でできるもので、紫外線を多く浴びると増えたり、濃くなったりするので注意しましょう。
老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
中年以降に増えるシミ。黒っぽく額からほほにかけてあらわれることが多いです。このシミははっきりとした原因は不明で、老化による皮膚の変化ではないかといわれています。
炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)
にきびや肌荒れなどの炎症のあとや、脱毛による刺激でできてしまったかぶれのあとが、しみになったものです。にきび肌やアトピーの方もできやすいしみです。

シミの改善法

シミの予防で大切なことは内的ダメージと外的ダメージを減らすことです。その為には新陳代謝を活発にしてシミを垢としてはがれ落とすことや還元美白させるために美白作用のあるものを与えてシミを薄くすることが大切です。また、サプリメント(ビタミンC)などで内側から働きかけることや紫外線対策と肌に汚れを残さないお手入れをすることも欠かせません。
シミはできる前に予防することが大切ですが、できてしまったら早いうちに対処するのが一番です。

  • ビタミンC配合の美白化粧品や日焼け止め(UVクリームなど)でのお手入れ
  • 紫外線に当たらないように心がける
  • 睡眠をたっぷりとる
  • ストレスをためない
  • お肌の保湿
  • マッサージで血行を促進する
  • 食べ物でビタミンCやビタミンEを補給する
  • 洗顔などのときにごしごし顔をこすらないようにする

シミは新陳代謝が活発であれば約28日周期で表皮から角質となってはがれ落ちます。ビタミンCにはメラニン色素を抑える効果があり、シミを防いでさらにシミを薄くしてくれます。また、コラーゲンの合成をうながし肌にハリを与えてくれます。
血行が良くなると新陳代謝が活発になるため、マッサージはより効果的な対策といえます。

日焼けとシミ

日焼けは美容的にはしないほうが良いです。日焼けの原因は紫外線ですが、この紫外線というのは光老化とも言われ肌の老化現象を起こす重要な原因の一つです。

しみとくすみの違い

シミは肌の内側で起こるトラブルに対して、くすみは肌の表面で起こるトラブルです。具体的には、シミは肌の内側にメラニン色素が残り、黒ずんで見える状態です。対して、くすみは皮膚の脂が酸化して黒ずんで見えるものや、血行が悪くなって起こるもの、角質がたまって起こるものなどがあります。

しわの種類と原因

しわを大きく分けると「表情じわ」「乾燥しわ」「老化しわ(加齢じわ)」があります。

表情じわ
顔の同じ場所にできるしわで「眉間のしわ」や「額の横じわ」「目じりのしわ」が代表的です。表情のしわは繰り返し同じ表情をすることでできるしわです。
乾燥しわ(表皮のしわ)
肌の表面が乾燥してできてしまう細かいしわ(ちりめんじわ)のことです。表皮のしわで肌の内側に水分を蓄える力が衰えてきた肌の乾燥が原因です。
老化しわ(加齢じわ)(真皮のしわ)
加齢によって肌が老化してコラーゲンが減少し皮膚がたるむことによってできるしわのことです。お肌に水分を蓄える働きをするコラーゲンが減少すると、お肌の弾力が減ってしまい皮膚がたるんで真皮のしわとなってしまいます。

しわの改善法

しわには消えるしわと消えないしわがあります。

乾燥じわの改善法

皮膚の表面(約0.2㎜)にできる細かいしわ=「ちりめんじわ」や「小じわ」などと呼ばれる比較的浅いしわが乾燥じわといわれます。
乾燥じわは、皮膚の表面にできるしわなので、しわの中でもダメージが浅いのでまだまだ改善の兆しがあるしわです。お肌の水分不足が原因ですので保湿が最も大切です。保湿成分の入った化粧水や乳液などでしっかり潤いケアをしてあげましょう。

加齢じわの改善法

年齢によるしわは、肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンの減少が大きく関係します。若い頃はコラーゲンやエラスチンをつくる細胞が活発ですが、年を重ねる毎にその活動は衰え新しいコラーゲンやエラスチンが減少してしまいます。肌のハリや弾力を保てなくなった皮膚は下へ下へとたるみ、しわとなってしまいます。加齢によるしわを改善するには、肌の老化を改善することが大切です。加齢による肌の老化に追い打ちをかけて肌を老化させる原因となる紫外線は「光老化」を起こします。
「光老化」とは皮膚が紫外線に当たることでコラーゲンとエラスチンを破壊する酵素を発生させます。これによって、皮膚はハリや弾力を失いたるんでしわとなり、さらには皮膚の免疫力も低下させてしまいます。
よって加齢によるしわを改善するには紫外線を防ぐことがとても大切です。また規則正しい食生活や十分な睡眠と適度な運動を心がけることで細胞の老化を防ぎ、肌の老化の改善とつながりますので深いしわだからとあきらめず、気長に改善しましょう。

表情じわの改善法

表情じわはいつも繰り返される表情のクセによってできてしまいます。眉間のしわや目じりの笑いじわなどが表情じわです。
表情じわも真皮(約2㎜)まで届く深いしわですのでダメージが大きく、新陳代謝がとてもゆっくりで生まれかわりには数年を要し一度壊れると再生が難しいといわれているのでなかなか改善の難しいしわです。
表情じわを改善するにはまずは自分が今どういう顔をしているのかと意識すること、姿勢を良くすることや規則正しい食生活や十分な睡眠をとることで少しでも進行を遅らせ予防していきましょう。