大阪【心斎橋・南船場・本町】のメンズ美容室レ・オム

メンズスキンケア

シェービング雑学:ひげそりの歴史

シェービング雑学:ひげそりの歴史

ヒゲソリの歴史は10万年以上も前!

ひげそりの歴史は今から10万年以上もさかのぼります。その当時の男性が動物と自分たち人間を区別するために、体毛を剃ることを思いついたと考えられています。

ネアンデルタール人の時代の洞窟壁画には、二枚の貝殻でヒゲを引き抜く様が描かれています。 そこから数世紀後の時代に灰色の石で研ぎやすく切れ味の良い「フリント」という石がひげそりの道具に選ばれました。

最初は動物と人間の区別をするために生まれたヒゲソリですが、それは紀元前4000年までのお話で、その後、顔のヒゲを取り除く理由が健康のためへと移行していきます。

古代エジプト人とヒゲソリ

古代のエジプト人はヘアレス(つるつる)の体への執着していました。彼らは囚人との区別をするために目に見える体毛はすべて剃り落としていました。そして剃った頭にはウィッグをかぶり、さらに見えない場所の毛をなくすために、毒薬や消石灰などの恐ろしい成分を含んだ脱毛剤をつくったと言われています。当時のエジプト人は、ヒゲがあるのは衛生感の乏しい表れであると思っていました。

そして金持ちは専属の理容師を抱えていました。またメソポタミアでは理容師は社会の中で高く尊重され、政府高官や医者の地位に就いています。当時は、どの町の通りにも理容店が並んでいて、安い料金でカミソリや軽石を使ったシェービングができたと考えられています。またシェービングの後には香油を使ったマッサージがついていたとも言われています。

シェービング用品の洗練された時代

それから1世紀後に金属加工の時代が到来し、シェービング用品は、より洗練され効果的になりました。銅合金から始まって青銅・鉄へと続き、よりきめ細やかなシェービングが実現されました。

その他の歴史としては、紀元前400年頃のインドから来た男たちは胸や人目に触れるような場所はすべて剃り、紀元前200年頃のローマ軍人たちは軽石でヒゲを剃っています。また紀元前50年頃のブリテン人は頭と上唇の上を除いたすべての体毛を剃り落としています。

ヒゲソリ道具のターニングポイント

シェービング道具にとって19世紀中ごろが大きなターニングポイントになりました。 1847年に英国の発明家ウィリアム・ヘンソンが初めてT字型のカミソリをデザインします。T字型のカミソリとは刃を柄に対して直角に置き、持ちやすく扱いやすくしたものです。 このカミソリは瞬く間に広がっていきました。このカミソリの成功に伴い、シェービングソープ・シェービングクリームやローションなどシェービングコスメが数多くつくられ英国中の男性に広まっていきます。

世界で最初の安全カミソリ

その間にアメリカではカンプフェ兄弟が世界で最初の安全カミソリの特許をとります。 この安全カミソリの特許の中身はワイヤー製のスキンガードをカミソリの刃に取り付けたものでした。 当時の刃は使い捨てではなかったため、スキンガード付きの刃の研磨は、相当骨の折れる仕事だったようです。しかし、その手間を考えても当時のカミソリの中では最も優れたものでした。

使い捨てカミソリの登場

1961年にウィルキンソンによって作られた「コーティングした刃」はビジネスとして最初に成功したカミソリだといわれています。 これは刃のすべりを良くするために一方にポリ化合物を塗ったものです。

1965年になると「使い捨てカートリッジ」のかみそりが現われます。これは「刃とプラスティックの柄」で 作られていて、研ぐことも手入れも付け替えることも必要のないものでした。 経済的で簡単で実用的。使い終われば刃を捨てる。すると次の刃が出てくる。これは歴史的なことでした。

その6年後にジレットが2枚刃をつくります。これは旋回軸に付けられた刃が顔の輪郭に沿って動き、最適な角度を常に維持するもので、現代でも主流となっているものです。 その後「プラスティック製の使い捨てカミソリ」の安いものが普及しました。

さらに発展するシェービング用品

今日のメーカーは、滑らかでより快適な顔そりを求めて常に顔そりの道具や化粧品を発展させています。 2000年には「3枚刃」のカミソリが生まれ、現在は「4枚刃」「5枚刃」と刃の数も増えていっています。 これは肌をカミソリが通るときに1回で出来るだけキレイに剃るための工夫です。

参考図書:the art of shaving book