大阪/心斎橋のメンズ美容室レ・オム

メンズスキンケア

眉毛の形を変えると印象やイメージはどんな風に変わる?

眉毛の形を変えると印象やイメージはどんな風に変わる?

男性のみなさんは眉毛の形を気にしたことがありますか?

街行く人はいろんな表情をしています。明るい顔、暗い顔、自信に満ちた顔、困り顔・・・。

もしかしたら表情が眉の形に引っ張られている可能性も。

ほとんどの男性は、女性のように化粧をすることがないと思います。しかし眉は手入れすることで、顔の印象がだいぶ変わります。「眉の手入れ」は男性にとって、顔の印象を変える数少ない手段の一つになります。眉の形次第で、「きつい印象」にも「優しい印象」にもなります。まずは自分の眉の「生え方・クセ・長さ・濃さ」を知り、どんな印象にしたいのか考えましょう。

元々の眉の形を知る

自分のなりたい眉毛の形になるために、「現在の自分の眉」がどういう状況なのか知る必要があります。その状況により「どう手入れをするべきなのか」または「どこが足りないのか」がわかります。まずは素の状態の眉毛でよくあるパターンから・・・。

全体的にボサボサな眉

全体的に太くボサボサな眉です。この場合は輪郭を整えて眉毛の長さをカットするだけで大分印象が変わります。眉を離れて見て濃い場所を重点的にすいていくと色味のバランスが整えられ、よりキレイに見えます。

まだらな生え方の眉

眉毛の密度がまばらなタイプです。まずは色味を合わせたいところです。色味が濃い場所をすき、薄い場所との色味の差を出来るだけなくします。

全体的に薄い眉

全体的に薄い眉です。元々の眉が薄い方もいますが、加齢により薄くなる方もいます。全体的に眉が薄いので形がぼやけて目元の印象も薄まりがちです。アウトラインをしっかりとることがポイントです!眉ペンを使うことも検討してみてもいいかも。

眉尻が短いタイプ

眉尻が短いタイプ。眉の延長線上にあるうぶ毛をあえて残すことで眉を長く見せることができます。しかし黄金比に持っていこうと思うと眉ペンで足すのがいいかな?

三角眉毛

三角の眉毛。眉山を外に持っていくように整えることでシュッとした美眉毛になります。また眉を長く見せることもできます。

下がり眉


いつも困っている印象に見える下がり眉。元々のは生えグセの他、加齢による皮膚の「たるみ」などでなる場合があります。伸びっぱなしで下がった眉はおじいちゃんに多いパターンで老けた印象になりがちです。

左右の高さが違う眉

左右の位置が違う眉。見ていて少し不安な気持になります。基本的にカッコイイ、または美しいと思われる顔はシンメトリー(左右対称)と言われています。難しいですが、左右のバランスを揃えることが最優先となります。こちらも眉ペンで補正してあげるのも一つの手かも。

自分の眉毛をベースに調整を加えていく

いかがでしたか?ご自分に当てはまる眉はありましたか?

眉毛が顔の印象を変えるといっても人それぞれ眉の生え方やクセは違います。元の眉毛の形をベースにしながら手入れすることで、顔の印象は大幅に変わります。眉の形はなりたいイメージで色々ありますが、まず、初めに眉の「黄金比率」と言われる形から。この形が男性の眉のベーシックになるので基本はこの形を目指します。整えるポイントとしては

  1. 眉は目頭よりほんの気持ち内からスタートするようにする
  2. 黒目の外側から目尻の白目の間に眉山(眉の一番高い所)がくるようにする
  3. 同じ平行線状より気持ち上がり気味に眉尻を整える。
  4. 眉尻は小鼻と目尻の延長線上の長さが良い
  5. 眉頭と小鼻と目尻を結んだ線が二等辺三角形になるイメージで

黄金日の眉

以上の5点を参考にして、元々の眉の形により出来る形も違うのでその辺も考慮しつつ、眉頭・眉山を調整していきます。そして「黄金比率の眉」以外にも色々な眉の形があります。ここからは「その他の眉の形」のご紹介です。

その他の眉の形には「直線」「アーチタイプ」「への字」などがあります。なりたいイメージによって形だけではなく「細さ・太さ・濃さ・薄さ」も印象を変えるので調整します。

直線的な眉毛

ストレート眉
意志が強く自分の軸をしっかり持っている眉。自信がみなぎっている雰囲気のため、自己中心的なタイプに見える可能性もあります。

アーチタイプの眉毛

アーチ形の眉毛
優しそうな印象。指導的な立場にはあまり向かないタイプの眉毛です。ストレート眉毛に似ていますが眉尻の位置が少し下がり眉山に緩やかなカーブがあるので優しく見えるようになります。

「へ」の字眉毛

「へ」の字の眉
男らしく力強い印象。物事を論理的にとらえるイメージの眉です。眉山から眉尻にかけて角をしっかり作ると力強い雰囲気になり男らしさが強くなります。

細めの「へ」の字眉毛

細めの「へ」の字の眉
中性的な印象。黄金比の眉毛からは眉山・眉尻が大分細くなっている。昔でいうと「つんくさん」の系統。もしくはビジュアル系。個性的だが少し顔立ちがきつく見えます。基本的には眉山・眉尻を細くして、緩やかなカーブにしていくと、「中性的」になっていく傾向があります。

下がり眉

下がり眉
優しそうな印象に見える下がり眉。癒し系キャラにはなりますが、「少し間抜けに見える・のんびりとして野心に欠ける」印象です。

太めの濃い眉毛

太めの濃い眉毛
責任感が強く行動力があり、誠実でまじめな雰囲気。その反面「柔軟性に欠ける・頑固」といったマイナスの印象を与えます。

細めの濃い眉毛

細めの濃い眉毛
芯が強くリーダー向きの眉毛。そのため、逆に「威圧的・暴走すると止まらない・おだてに弱い」などワンマン特有の印象を与えます。

太めの薄い眉毛

太めの薄い眉毛
明るい性格で情に厚く、常に周りに人が集まってくるタイプの眉毛です。マイナス要素は「八方美人に見える・決断力、行動力に欠ける」といった印象を与えます。

細めの薄い眉毛

細めの薄い眉毛
謙虚・物腰が柔らか・柔軟な対応ができる人に見える眉毛。ただ、お調子者で人からは嫌われないが信頼度には欠けるタイプの印象です。

眉毛の形で顔の印象は変わります

いかがでしょうか?同じ顔のベースを使っても眉の形を変えることで大きく雰囲気が変わっていませんか?

もちろん「眉毛が人に与える印象」については、これが全て正解というわけではありません。しかし、眉の形で人に与える印象は大きく変わることは事実です。

物の考え方や生活の仕方、性格で顔つきは変わります。その顔つきを変えようと考えた場合「目・鼻・口」などのパーツを変えることは簡単には出来ませんが、「眉山・眉尻の太さと角度、眉毛の濃さ」が変わると、だいぶ顔の印象が変わります。相手に与える印象ももちろん変わります。

男性は女性のようにメイクで印象を操作される方はまだ少ないと思います。ですが、眉毛なら簡単に整えることができ「ビジネスでも大事な第一印象」を変えることもできます。男性はもっと眉毛に関心を持つべきです。「眉毛」を変えることが相手に与える印象を変える一番の近道になります。「眉毛」を変えることで、なりたい自分・相手に与える印象の操作をしてみてはいかがでしょうか?